2011年5月

神戸の不動産コンサル日記 :大震災時の不動産業界への影響 Part③新築マンション編

sonoda 2011年5月16日 by sonoda

こんにちは園田です

大災害時の不動産への影響(阪神淡路大震災の時に実際にあった問題)

Part③新築マンション編をお届けします。

 

■ 大震災後の新築マンションに関わる問題点

・建築費が高騰した。

・家が無くなり特需が発生した。(震災後2年間)

・共用部分の補修依頼が多かった。

このような事が発生しました。

 

3回にわたり大震災の影響をお伝えしました。

大地震の発生は、不動産業界にとって過去に例の無い、

多くの深刻な問題が発生します。

 

不動産の相続相談は㈱江戸町商會

 

神戸の不動産コンサル日記 : 大震災時の不動産業界への影響 Part②売買編

sonoda 2011年5月9日 by sonoda

こんにちは、園田です。

神戸の不動産コンサル日記をお届けします。

 

大災害時の不動産への影響(阪神淡路大震災の時に実際にあった問題)

Part②売買編をお届けします。

■ 大震災後の売買契約に関わる問題点

・使える物件が少なくなったので解約依頼は多くなかった。多少の毀損は補修で決済できた。

・売主は解約したい(住むところがないので)、買主は解約したくない、のトラブルがあった。

・瑕疵担保は負わないこととした。

・半壊、全壊で解約はあった。

・銀行融資基準は緩くなった。

・補修の依頼は多かった。

・土地が液状化してしばらく使えなくなったが、決済できた。

・土地が地滑りして境界がずれたが、決済できた。

・境界問題は現在も残っている。

・所有者(売主)に連絡が取れない場合があった。

・市役所、法務局などの機能が麻痺して、公的な書類が揃わなかった。

 

大震災の発生は、このような内容で売買に影響がありました。

次回、阪神淡路大震災の時に実際にあった問題(新築マンション編)をお伝えします。

 

不動産の相続相談は㈱江戸町商會