2012年1月

【旧居留地女社長だより】 デコパージュ

sueyoshi 2012年1月24日 by sueyoshi

今日は「はーと・せらぴー」さんから
素敵なデコパージュ石けんを頂きました。

大切な思い出のお写真を石けんにデコパージュできるとのこと。

加古川のイオンさんで出店されています。
デコパージュのレッスンも受けられるそうです。

私は、シャンプーとトリートメントのボトルにデコパージュしてもらいたいので

出来上がったらご報告いたしますね。

 

 

 

神戸の不動産コンサル日記 : 借地権と底地の関係

sonoda 2012年1月24日 by sonoda

こんにちは、園田です。神戸の不動産コンサル日記をお届けします。

本日は、借地権と底地の関係について。

 

最近、借地の相談がありました。

商売をされている方が、もう一店舗、出したいということで

銀行に相談にいったとの事ですが、現在の店舗は借地の上に建っているので

地主の同意が無い限り、担保には適さないといわれました。

仮に今の店舗が所有権であって、担保にできるのであれば

新しい店舗と両方の評価をしてもらうことで、新店舗の購入費用全額を借り入れることも可能です。

今回のケースは、新しく出す店舗しか担保にはいれられません。

そうすると、一般的には新しく出す店舗の評価の7割~8割しか融資がおりないのが現状です。

その結果、開店費用、設備を含めて相当な現金を用意しなければなりません。

借地であるためこの計画は不可能ということがわかりました。

 

そこで提案です。

 

借地権をお持ちの方は、地主さんに対し、譲ってもらうのがベストです。

ではどういう時に地主さんから、土地を買うことができるのでしょうか?

 

一番多いケースは、地主さんのところに相続が起こったときです。

そのためには日頃から土地を買い受けたい旨を、申し入れておくことが必要です。

不動産は売りに行くと安くなり、買いに行くと高くなるのが、普通です。

したがって地主さんが土地を売ろうとした場合に

買いたいと言われたところから、声を掛けるケースが多いからです。

 

借地人も相続が起こったときに、相続の対象となります。

住宅地で路線価の5~6割、商業地で7割が相続税の対象となります。

以前にもお話しましたが、借地権の売買は実態として土地の価格の2割程度がほとんどです。

 

しかし、税金の対象は5割以上になります。

ですから借地権をお持ちの方は、相続が起こる前に、矛盾を解消しておく必要があります。

本日はこのあたりで。

 

 

不動産の相続相談は㈱江戸町商會

神戸の不動産コンサル日記 : 今年も戎さんへ

sonoda 2012年1月18日 by sonoda

こんにちは園田です。神戸の不動産コンサル日記をお届けします。

 

今年も大阪今宮の戎神社に行きました。9日の宵戎です。

今宮戎の境内は人が一杯で、相変わらず賑わっていました。

景気が悪いとは思えません。

いつものごとく笹をもらって、福娘さんに飾りをつけて頂きました。

毎年、だいたい7つの飾りをつけて頂きます。

そうするとや約11000円ぐらいとなります。

家に持ち帰って、よく見えるところに飾っております。

11000円を高いと思われる方もいらっしゃるかと思いますが

365日毎日それを見て商売がうまく行くんだと思えることは、

わたしは高くないと思います。

たった1日、30円弱で気持ちに余裕が出て、

仕事に向かうことができるということは安いと思いませんか。

 

不動産の相続相談は㈱江戸町商會

神戸の不動産コンサル日記 : 本年最初のブログです。

sonoda 2012年1月4日 by sonoda

園田です。

あけましておめでとうございます。

本年最初の神戸の不動産コンサル日記です。

 

咋年は色々な災害が起こり、わが国は大きな被害を受けました。

一方、世界では政権交代や経済不安が起こり、ニュースに事欠かない一年でも有りました。

 

わが国の不動産の動きはどうだったでしょうか。

 

公示価格も基準地価格も全体的に下がり調子でした。

特に、震災の影響の大きかった場所は顕著に下がりました。

その上、原発の近辺は価格評価も出ない状況です。

 

一方関西地方でも、大雨の影響で洪水と山崩れが起き、大きな被害が出ました。

年末に仕事で吉野の川上町に行くことがありました。

途中がけ崩れで、迂回路を通りました。

そこから見た崩れた場所の大きさは、山半分がごっそり削れていました。

自然の力のすごさを感じた瞬間でした。

一寸先は闇とか申しますが、何が起こるか分からないことを本当に教えられた年だったと思います。

 

とは言え、我々は日々暮らしていか無ければなりません。

仕事をして、収入を得て、それで生活していくのです。

安定した生活をする為には、安定した収入を得る事が大切です。

収益物件を手に入れる為、本年もどんどん働きましょう。

 

                         平成24年1月4日

 

                            江戸町商會 園田 久美生

 

 不動産の相続相談は㈱江戸町商會