2012年2月

神戸の不動産コンサル日記 : 不動産購入・運用 今後の動向

sonoda 2012年2月17日 by sonoda

こんにちは園田です。 神戸の不動産コンサル日記をお届けします。

本日は、不動産購入・運用、今後の動向について。

 

不動産の業界では、以前にも申し上げましたが今後の動きとして

・人の集まる場所、

・人の好む場所、

・どうしても必要な場所

この3点が、生き残ることになると考えます。

 

例えば、リゾート地については、好まれる場所と、そうでない場所に差が出てきます。

 

商業地では、人の集まる場所・そうでない場所に差が出てきます。

 

住宅は、どうしても人間生活に必要なものであります。

したがって、最低限の住む場所を確保しなければなりません。

低所得者用の住宅で住みやすい場所、住み慣れた場所、

なおかつ価格の低い(賃料が安い)不動産は最後まで必要だと考えます。

また便利で環境が良く多くの人が好む住宅地も、生き残れる場所の一つだと考えます。

 

今後の不動産を購入・運用していくにあたり、このことは重要と思います。

皆様のご選択を・・・

 

不動産の相続相談は㈱江戸町商會

神戸の不動産コンサル日記 : 遅いことは悪

sonoda 2012年2月13日 by sonoda

こんにちは園田です。神戸の不動産コンサル日記をお届けします。 

なぜ、いま、大阪の橋下市長が人気者なのでしょうか。

 

わたしは、スピード感があるからだと思います。

 

毎日、ニュースにならないことはないほど

次から次へ、政策発表とその展開をされています。

そして目に見える結果が出ているからではないでしょうか。

 

どんな仕事も、その相手やお客様に中身が見えるようにしていくことが、

改めて重要と感じるこの頃です。

 

このことが国政の場においても、反映されることを望む人は多いと思います。

 

今後の動向に注目したいと思います。

 

不動産の相続相談は㈱江戸町商會

神戸の不動産コンサル日記 : 今日が一番、若い。

sonoda 2012年2月10日 by sonoda

こんにちは園田です。神戸の不動産コンサル日記をお届けします。

昨日、某工務店の社長が来社。海外旅行の話になりました。

あちこちに行かれておりますが、次はスイスに行きたいとお話されました。

 

ご予定はと聞くと、 

できるだけ早いうちに

なぜなら、体が元気なうちに遠いところには行っておきたいと。

 

社長60を何歳か過ぎた年齢です。

本人は、まだまだ若いつもりで、この何年かの間に行きたいなと思っておられるようです。

言葉の中では、若いうちにというお話でした。

でも、今が一番若いのではないでしょうか。

 

一般的に、いつまでに、なんとかしよう!

 とか

ぼちぼち始めなければ、、、

というようなことを、よく聞きます。

 

が、いまこの時が一番、元気で若いわけですから

今からはじめないと、いつまでたっても良い結果は望めません。

 

いつまでにとか言わずに 

今すぐに始めることが大切だと思います。

 

不動産の相続相談は㈱江戸町商會