神戸の不動産コンサル日記:環境を基準に不動産が選ばれる時代の到来

sonoda 2012年4月25日 by sonoda

こんにちは、園田です。

神戸の不動産コンサル日記をお届けします。

本日は、地球の環境に配慮した不動産(環境不動産)について。

 

地球温暖化など環境問題への取り組みは、

昨今のテレビや雑誌で取り上げられているように、現代社会の大変重要な課題です。

 

特に不動産分野(業務部門や住宅部門)においては、

二酸化炭素の排出量が日本全体の3分の1を占め、環境問題との関わりが非常に大きいのが現状です。

そのため不動産分野における、環境に配慮した取り組みは不可欠です。

 

●環境不動産の基本的な考え方

2006年、国連の事務総長から金融業界に「責任投資原則」が提唱されました。

 

責任投資原則とは ↓ ↓ ↓

投資家から運用を委託されている機関投資家は、

環境・社会・企業統治の観点より

社会的責任をきちんと果たしている企業・団体に投資し、

責任ある投資活動を行なっていきましょう!

と提唱された世界共通のガイドライン的な位置づけの内容です。

 

世界的な動きとしては、こういった提唱もあり、投資家の環境分野への意識は高く、

また、環境不動産がビジネス上の差別化要因や競争力になると考える企業も増えてきています。

 

●環境に配慮した不動産とは

では具体的に環境に配慮した物件とはどのようなものでしょう?

例えば、太陽光発電、屋上緑化、CO2の排出が少ない、電気を使わない、

川の傍にあり自然の冷暖房が期待できる、

といった環境・地域社会にやさしい物件が挙げられます。

 

●環境に配慮した不動産の購入・投資のメリット

今後は前述の「責任投資原則」もあり、我が国でも環境配慮型物件の金融の条件が、

益々良くなることが考えられます。(買う人にとって融資がつきやすい)

不動産の購入や投資の予定がある方は、このような環境に配慮した物件を買っていくことが良いでしょう。

 

環境を基準に、不動産や企業を選ぶ時代の到来です。

 

不動産の相続相談は㈱江戸町商會

コメントは受け付けていません。