【団地購入】 収益物件購入実話 購入編 物件を見る前に

sueyoshi 2013年8月5日 by sueyoshi

物件資料だけではわからないことが、現地では沢山あります。

大体、いい加減に作ってある資料が半分以上。

パソコンで作成するとコピペと言う魔物の技を使用するからです。

面積が前の資料のままだったり

用途地域・建ぺい容積、打ち間違う。

酷いものなら、地図での場所がずれていたりする。

 

あってはいけない事だけど・・・恥ずかしながら(わが業界では)・・・・よくある

 

資料は紙で、物件である意識が低い。

 

物件を購入前提で見に行くときは

公図・地籍測量図・建物図面・住宅地図・謄本など、付属書類を入手おきたい。

 

資料入手するも  わからないことだらけ。

突っ込みたくてもわからないことだらけ

 

仕方がないから、現場見てからにしてからにしよう。

 

≪ポイント≫

間違いを見つけてもこの時点ではあまり突っ込まない。

最終まとめて確認するほうがいい。

いい加減さと物件のよし悪しは違うから、他に物件紹介されないように少し大人でいてください。

コメントは受け付けていません。