【満室管理日報】 火災保険のはなし(最終)

edomachi 2013年12月2日 by edomachi

11月27日満室管理日報 熊澤です。

 

寒くなりましたね。

 

勤途中、咳をしたり、マスクを着用している人が多く見かけるようになりました。

 

さて、火災保険の話も5回目となり私の知識ではもうネタがないので、今回で最後にさせていただきます。

 

最後は火災保険の更新です。

 

火災保険の期間には1年更新や2年等様々な種類があり、それぞれ加入していると思います。

管理会社系の物件で加入されている方は更新についてはさまざな形でお知らせがあるので心配ないと思いますが、気を付けなければならないのが・・・・

①個人家主系の物件で火災保険の加入は興味がなく、入居者に任せている場合

 *オーナーに関心がなく、入居者が更新したかどうかわからない。

②物件を決める時にお世話になった賃貸会社で入った場合

 *更新業務については積極的でなく、ほったらかしにするところが多い。

③知り合いや親せきに保険屋がいるからそっちで入ると言い、こちらの保険を拒む場合。

 *①同様、更新したかどうかわからない。

 

これは結構な確率で未加入の場合が多いですよ。

 

あくまでも私の経験でのはなしで、もちろんそうでもない場合もありますが、火災保険の更新業務は手間のかかるものなので、しっかりしたオーナーさんや管理会社等きちんと業務を行う所の物件が住む方も任せる方も安心ですね。

 

「火災保険の更新」は賃貸借契約書の約定にも明記されています。

 

更新しないでほったらかしにして契約違反で解約、また実際火災を起こして賠償できない事にならいよう気を付けたいですね。

 

次回からなに書こうかな。

 

収益マンションを満室にする管理は㈱江戸町商會へ

 

 

コメントは受け付けていません。