末吉清美の思考 園田久美生の美学事業内容はこちら

HOME > 末吉清美

不動産収益物件 不動産売買

末吉清美 KIYOMI SUEYOSHI

株式会社 江戸町商會

末吉脳 その1 不動産売買

末吉脳 その2 不動産収益物件

末吉BLOG

経歴

住友信託銀行
5年


東洋信託銀行(現三菱UFJ信託銀行)
不動産部
1年


東洋住宅販売(現UFJ不動産販売)
13年


江戸町商會 代表取締役
平成14年から

足で稼ぐ情報量の差がアドバイスの自身に 20年以上にわたり不動産に携わるキャリアを持つ代表の末吉。
彼女の考える「不動産との上手な付き合い方」とは。
投資や賃貸、売買といった、さまざまな利用用途を検討するお客様自身の人生設計は勿論、物件ごとの特徴(末吉の言葉を借りれば”性格”)や周辺環境との調和を視野に入れた計画や設計が重要であるとのこと。

独自のスタンスで、多くの不動産売買や賃貸の仲介、収益物件の管理実績で80%以上の顧客紹介率を誇る末吉は次のように語る。

物件の価値をさまざまな角度から見ていく時に、立地や築年数、周辺地域の状況等、インターネットや書面に記載された情報だけを見ていても、物件の持つ本来の魅力や問題点には気づかないものです。私たち江戸町商曾では”情報は足で稼げ”を合言葉に、多くの情報を物件や物件周辺に出向き目や耳、肌で感じるように心がけています。

時に、お客様から「なんか刑事みたいだね」って言われるのですが、多くのお客様がそこから得た情報がきっかけでご満足頂く結果となることで、私たち自身も、足で稼ぐ情報の重要性と必要性を感じています。
末吉清美
足で得る情報は、物件情報だけではない

実際に物件や周辺の町に足を運ぶことで、ビジネスのヒントやアイデアが思いつくことも少なくありません。

「この物件にこんなアイテムを入れると激変するな!」や「学生さんはこんなマンションがあったら入居したいだろうな」など。時には、街を歩く人の流れを変えてしまうようなアイデアが出てくる時も。

すべての物件がオンリーワンの商材です。“駅徒歩8分”の物件はすべて同じ交通環境なのか?決してそうではありません。「この物件からだと自転車が便利だな」や「坂がきついので自転車は向いていない」、又、「駅に駐輪場が整備されていない」など。

自転車というキーワードで、同じ“駅徒歩8分”の物件を考えてみても環境はさまざまです。

又、アパートやマンションの空室対策や稼働率に悩まれている不動産オーナー様にとって、改善策は、意外と身近なところに隠れていたりします。

例えば「自転車駐輪場」。賃貸マンションをさがされているユーザーにとって、いくつかの物件を見て回っているときに印象に残るシーンに、貸し出しているお部屋は勿論、玄関(エントランス)や駐輪場があげられます。

同価格帯のお部屋での差別化を図るのは至難の業。賃貸マンションやアパート物件を見ていると、多くの物件の駐輪場が“きちん”と整理されていないケースが多く存在しています。又、植栽の管理、玄関にお花が飾っているかなど。

ユーザーに「ああ、この物件ちゃんとしてそう」と感じさせるポイントは、こんなところだったりします。

不動産オーナー様も出来れば一度、ご自身の所有、管理されている物件だけではなく、周辺の競合物件の駐輪場や玄関まわりの調査をされることをオススメ致します。

末吉清美

末吉清美